料理人さん、63歳。自身のレストラン名でもある「アクアパッツァ」を日本に広めた「イタリアンの巨匠」にして、二つの店で28人を雇う経営者は、コロナ禍を生き抜くためにユーチューバーになった。「わらをもつかむ思いで飛び込んだら、世界の見え方が変わっていった」。挑戦の250日、その舞台裏を聞いた。

無意識にバカにしていた動画、コメントに驚き

 ――YouTube「日高良実のACQUAPAZZA(アクアパッツァ)チャンネル」は、開設から4カ月で登録数10万を超えました。ペスカトーレやペペロンチーノといった日本で人気の料理から、しみじみしたイタリアの地方料理まで紹介されています。

 新型コロナの打撃で、店も会社も潰すことになるのかと追い込まれた今年の春、何かやらなくてはと頼ったのがユーチューブというのが、正直なところです。

 世の中に自分をさらけ出すなんて考えもしませんでしたが、「コロナのおかげ」と言えるくらい、新しい世界に立つことができた。ビジネスとして真剣に取り組んでいます。

 ――きっかけは?

 料理の人気ユーチューバー「Chef Ropia(シェフ・ロピア)」さん=長野のイタリア料理店「フローリア」のシェフさん=からの出演依頼です。予約客のキャンセルが日に日に増えていた3月で、軽い気持ちで引き受けました。

 動画に対する興味の一方で、無意識にバカにしていた面もあったと思います。最初の動画を後から見返すと、ちょっと傲慢な態度をとっているんです。

 店のキッチンで看板メニューの「アクアパッツァ」を作ったのですが、ぐんぐん伸びる再生回数と書き込まれるコメントにびっくり。喜んで見てくれているのがわかるし、説明が面倒で材料のチダイを、ついマダイだと言ってしまった場面には、次々と正解を挙げた指摘がきました。こんなに料理が好きなのか、ここまで細かく見てくれているのかと。

 自分から訂正したのですが、距離の近さを実感して、急激に意識が変わりました。

巨匠が陥っていた試練

 ――1990年に「アクアパッツァ」をオープンしてから、今年で30年。店名にした南イタリアの漁師料理は、日本では学校給食のメニューになるなど、本国より有名だと言われます。

 実はここ数年、僕自身はいい人生を送っていませんでした。

 2年前、東京・広尾にあった店を現在の港区南青山に移転したのは、キッチンでの油の不始末からぼやを出し、退去を余儀なくされたからです。地方出張中の出来事でした。

 人の被害はなかったものの、店は天井まで壊れて地下にも水漏れ。傾く店に当時の従業員たちが転職先を探し始めたのもわかって、経営者の孤独を味わいました。

 原状回復に1億2千万円です。毎晩アルコールと睡眠薬なしにいられない時期を乗り越えられたのは、妻が見守ってくれていたおかげです。

 そんな移転の再出発から2年、ようやく落ち着いて、これから、という時にコロナが来たわけです。