ビタミンB1(チアミン)は、糖質や脂肪酸代謝に用いられます。
また、神経の働きを正常にします

使われない分は、体内にほとんど貯蔵されずに排出されてしまいます。

ビタミンB1の主な性質

ビタミンB1は、水に溶けやすいビタミンです。
加熱してから水に浸けておくと、いっそう溶けやすくなります。
アルカリ(重曹など)を加えて加熱しますと、さらに溶けやすいばかりでなく壊れます。

ビタミンB1は、弱酸性で安定します。

ビタミンB1欠乏症

ビタミンB1が不足すると、疲れやすくなったり、手足のしびれたり、むくんだりします。
また、集中力がなくなったり、イライラしたりします。

  • 脚気
  • 多発性神経炎
  • 浮腫
  • 心臓肥大
  • 動悸
  • 息切れ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 便秘

ビタミンB1を多く含む食品

  • 酵母
  • 豚肉(ヒレ)
  • ごま(乾)
  • すっぽん
  • 大豆(乾)、豆類
  • きな粉
  • うなぎ(蒲焼き)
  • 焼き海苔
  • しいたけ(乾)
  • 牛レバー
  • にんにく
  • 胚芽米、麦
  • 粉乳、牛乳
  • セロリ

ビタミンB1摂取推奨量

  • 成人男子 1.4mg/日
  • 成人女子 1.1mg/日

ビタミンB1の摂取をオススメする人

  • 疲れやすい人
  • スポーツをする人
  • 物忘れの多い人
  • ストレスの多い人
  • 消化不良や食欲の減退している人
  • 肩こり、腰痛の人

メモ

日本人は、ビタミンB1の摂取量の約1/2を、穀物から摂っているといわれています。

ビタミンB1は水溶性ですので、調理による損失が大きいです。
つまり、成分表で計算した値の約2/3~1/2しか摂取していない可能性が高いのです。

したがって、米を磨ぐ場合は手早くやったほうが良いです。
また、煮物では、煮汁にビタミンB1が出てしまいますので、煮汁を上手く使いましょう。