東京・浅草のすきやきの老舗「ちんや」が8月15日で閉店することになった。雷門の並びで明治の初めから文明開化の象徴だったすき焼きを提供し続けて140年余。レトロが売りの建物は老朽化し、コロナ禍で客足が激減するなか改修もままならず、歴史にいったん幕を下ろすことにした。6代目店主の住吉さんは「すきやきとは元来、人との距離が縮まり密になるもの。そこが素晴らしさだったのに、コロナ禍では仇(あだ)となった」と残念がる。

 「ちんや」は江戸時代、諸大名や豪商に「ペット」としての犬の狆(ちん)などを納め、獣医も兼ねていた時の屋号に由来する。1880(明治13)年に料理屋に転じてからも、親しまれた屋号を使い続けてきた。

 明治維新後、福沢諭吉ら文化人が好んで牛鍋屋に通い、牛鍋はハイカラな食べ物として人気を博した。明治10年には浅草を中心に東京には500軒近い牛鍋屋店があったとされる。その後、関西風の「すき焼き」との呼び名が広まり、ちんやも1903年にすき焼き専門店となった。いまも店内には「開化絵」と呼ばれる文明開化の文物を描いた浮世絵が多く飾られている。