天神橋筋商店街(大阪市北区)で昨秋、閉店した洋菓子店のショーウィンドーを、300枚を超えるメッセージが埋め尽くした。23年続いた店への惜別、感謝、励まし……。カラフルな付箋に書かれた数々の言葉とともに、店主はおよそ1年後の今秋、ここから歩いて10分ほどの場所で新たなスタートを切った。
 10月19日、大阪市北区与力町にあるマンションの1階に、新しい店がオープンした。名は「サ プース!」。店主の吉野さんによると、フランス語で「芽吹いてるよ!」という意味だそう。
 吉野さんは昨年11月末、ここから南西に400メートルほど離れたところにあったフランス菓子工房「ムーラタルト」を閉じた。大阪メトロ南森町駅近くの天神橋筋商店街内だ。
 1999年5月開店。スタッフを雇い、ケーキや焼き菓子などを製造・販売していた。順調に売り上げを伸ばしたが、5年ほど前から人手不足で苦境に陥っていた。
 閉店後の片付けに通っていた師走のことだ。通りに面したショーウィンドーに、カラフルな付箋のメッセージが次々と貼られていった。
 「家族とのだんらん、職場のお祝いにおいしいお菓子がありました。長い間、甘い幸せをありがとう」
 「会社の成績がいいと、社長がごほうびにケーキを買ってくれてました」
 「次のステップがんばって下さい」
 店を明け渡す年末には、386枚になっていた。
 吉野さんは「(応援の)声に応えないと」と年明けから動き始めた。想定よりはずれ込んだが、新しい店のオープンにこぎ着けた。
 人手不足で苦しんだ経験から、1人でできる規模にと広さはキッチンを含め約40平方メートル。メニューは絞り込んで、得意なフィナンシェやマドレーヌなど焼き菓子をメインにした。5席のカウンター席を設け、ワインやコーヒーも楽しめる。大人がゆっくりとくつろげる空間だ。
 オープンは知らせていなかった。肌感覚では、7割ぐらいが前の店の客。付箋のメッセージを書いてくれたという人、「戻って来てくれてありがとう」と言ってくれる人もいる。
 売り上げは「まだまだこれから」だという。「(支えてくれた)家族やお客さんに感謝したい。遠い先のことは考えていないが、今を楽しむことをずっと続けていきたい」と話す。
 あのときの付箋は、大切にアルバムに貼って、新しい店に置いてある。