コンビニ大手のローソンは22日、おにぎりを冷凍にして販売する実験を東京都と福島県>の21店で始めた。商品の賞味期限をのばして店への配送回数を減らし、ドライバー不足が深刻化する2024年問題に対応する。廃棄ロス削減にもつなげたいという。
 実験は11月20日までの約3カ月間。「焼さけおにぎり」(税込み268円)や「鶏五目おにぎり」(同138円)など6品で試す。焼さけおにぎりは同じ常温品はないが、ほか5品は常温でも販売している。
 鶏五目おにぎりは冷凍が11円安いが、残り4品は常温と価格をそろえる。常温は消費期限が約1日だが、冷凍だと賞味期限が120日と長い。